坂本八幡宮 太宰府は梅花の宴が行われた「令和」発祥の地!場所どこ?御朱印あるの?

坂本八幡宮アクセス御朱印 お出かけ・行事

新しい元号が「令和」となり、福岡県太宰府市にある大宰府政庁跡にある坂本八幡宮は、梅花の宴が行われ和歌が読まれた場所として一氣に有名になりましたよね!

そこで、坂本八幡宮の場所(アクセス)や駐車場、御朱印やお守り授与があるのかまとめてみました。

「梅花の宴」の様子が伺える博多人形が展示してある「大宰府展示館」についても記載していますので、ご参考くださいね。

スポンサーリンク

坂本八幡宮 太宰府は梅花の宴が行われた「令和」発祥の地

新元号「令和」は、万葉集序文「梅花の宴(うたげ)」から採用されましたね。

この「梅花の宴(うたげ)」は、朝廷の出先機関「大宰府」の長官である大宰帥(だざいのそち)であった大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅にて天平2(730)年の正月に催されました。

現在の福岡県太宰府市にあります。

大伴旅人邸は、坂本八幡宮周辺にあったとされる説が有力なので境内には、大伴旅人の歌碑などが建立されていますよ!

坂本八幡宮の御祭神

応神天皇

https://keikama-saikaihatsu.com/reiwa-imi

坂本八幡宮 太宰府は御朱印やお守り授与してるの?

2019年4月2日時点では、御朱印やお守りの授与は行っていないようです。

しかし、「令和」発祥の地として沢山の人たちが訪れるようになると、御朱印の授与も行われるようになるかもしれないですね。

追記していきますm(__)m

※テレビで宮司さんが、今後は参拝客も増えてくるでようから検討しますとおっしゃってました。

ちなみに、太宰府天満宮では御朱印授与できますよ!

坂本八幡宮 太宰府の場所(アクセス)と地図

所在地: 〒818-0133 福岡県太宰府市14

坂本八幡宮アクセス

■西鉄天神大牟田線 都府楼前駅 から徒歩9分

■大宰府政庁跡バス停 から徒歩6分
 五条・内山行(西鉄都府楼前駅発)
 北谷回り
 西鉄都府楼前駅行(五条・内山発)

 

太宰府の観光マップがありましたので、リンクしておきます。

太宰府観光マップはこちら

坂本八幡宮 太宰府の周辺駐車場

「大宰府政庁跡」に駐車場があります。

坂本八幡宮の駐車場は観光マップには記載されていませんでした。
しかし、元号発祥の地として、駐車場も今後整備される可能性はあります。

詳細は、追記していきますm(__)m

大宰府展示館 「梅花の宴」を博多人形で再現した模型あり

大宰府の中枢施設「大宰府政庁」跡すぐ横にある「大宰府展示館」には、「梅花の宴」の様子を博多人形で再現した模型がありますよ。

 

住 所 〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺四丁目6番1号
TEL:092-922-7811 / FAX:092-922-9524
開館時間 9:00〜16:30
休館日 月曜日(ただし祝日の場合はその翌日)、
年末年始(12月28日〜1月4日)
入館料 無料

大宰府展示館 公式サイト

大宰府展示館アクセス
・福岡空港から車で30分
・太宰府インターから車で5分
・JR二日市駅から車で10分
・西鉄都府楼前駅から徒歩で15分
・太宰府市コミュニティーバス まほろば号「大宰府政庁跡」バス停下車

まとめ

坂本八幡宮 太宰府には、2019.4.2時点でお守りや御朱印の授与が行っていませんが、今後検討するとのことです。

住所:〒818-0133 福岡県太宰府市14

今後観光客も増えるでしょうから、いろいろ整備されていくと思われます。

こちらでも追記していきますねm(__)m

https://keikama-saikaihatsu.com/reiwa-imi

コメント